モンスターボールユーザーマニュアル

このページは、ポケボールのマニュアルの閲覧可能なバージョンです。 このマニュアルの印刷可能なバージョンをダウンロードするには、ここをクリックしてください(新しいウィンドウで開きます)。

前書き

モンスターボールはポケモンの世界では、ポケモンを捕まえるための手段、ポケモンが快適に過ごせる場所として、トレーナーの装備として欠かせないものとなっています。

本製品は、初の公式ライセンスによるプレミアム・コレクティブル・モンスターボール・レプリカで、タッチセンサーと近接センサーの技術を搭載しています。モンスターボールのボタンは、動きを感知すると光り、ボールに触れるとさらに明るく光ります。ボタンを押すと、ポケモンを捕まえるためのイルミネーションが始まり、ダブルクリックすると、光の色が白から赤、そして緑に変わります。レプリカには、シリアルナンバー入りのホログラムで認証された専用のケースと、磨き上げられたステンレス製のリングが付属しているので、思い通りにモンスターボールを飾ることができ、コレクターにもおすすめです。

電源のオン・オフ

モンスターボールには、単4形乾電池3本が付属しています。はじめてお使いになるときは、プラスチック製の隔離タブを引き抜いてください。モンスターボールのボタンを長押しすると、モンスターボールの電源が入ります。モンスターボールの電源が入っているときに長押しすると、モンスターボールの電源が切れます。モンスターボールの電源を入れると、ボタンの色が白、赤、緑のいずれかに変わります。最初に電源を入れたときの色は白です。

モンスターボール・コレクション・ケースには、単3形電池が3本付属しています。初めて使用するときは、プラスチック製の隔離タブを引き抜いてください。ディスプレイケースを開くと、自動的にディスプレイケースのイルミネーションが点灯します。ケース前面のネームプレート長押しすると、イルミネーションが消灯します。再び点灯させるには、プレートに長押しするか、ディスプレイケースの蓋を閉めて再度開いてください。

窒息の危険がありますので、小さなお子様には電池を近づけないでください。

取り扱い注意
本製品の取り扱いには十分ご注意ください。本製品はおもちゃではありません。このモンスターボールは展示用です。絶対に投げないでください。投げるとモンスターボールが破損し、けがをする恐れがあります。

電池に関する注意事項
必ずアルカリ乾電池を使用し、電池マークの+と-を合わせて正しく挿入してください。充電式電池は使用しないでください。充電式電池の使用や、新旧の電池を混ぜないでください。電源端子をショートさせる恐れがあります。異なる種類の電池を混ぜて使用しないで下さい。使い終わった電池は必ず製品から取り外してください。長期間使用しない場合は必ず電池を取り外してください。電池を火の中に入れないで下さい。充電式ではない電池を充電しないでください。

このモンスターボールはおもちゃではありません。このモンスターボールは絶対に投げないでください。このモンスターボールはあくまでもディスプレイ用にデザインされています。

モンスターボールの使い方

モンスターボールの機能は、ボタンを押すだけでなく、近接・接触検知機能によって起動・制御されます。

センサーのキャリブレーション

電源を入れた後、または連続して扱った後、モンスターボールを置いて、ボタンの照明が消えるのを待ちます。その後、5秒間は触らずにお待ちください。これにより、近接感知回路がキャリブレーションを行い、ポケモンボールを近接感知できるように準備します。

近接センサー

モンスターボールに手を近づけると、ボタンが光ります。

タッチセンサー

モンスターボールを拾うと(または金属製シェルの両サイドに触れると)、ボタンが最も明るく光ります。

ボタンの短押し

モンスターボールのボタンを1度押すと、ボタンが最大3回の白いパルスを出した後、ランダムに緑か赤に点灯します(50:50の確率)

ボタンの2度押し

ボタンを2回押すと、ボタンの色が変わります。

ボタンを2回押すと、ボタンのイルミネーションが白から赤に変わります。さらに2回押すと、イルミネーションが緑に変わります。もう一度2回押すすると、イルミネーションが再び白に戻ります。

モンスターボールの電源を切っても、再び電源を入れると、最後に選択した色を記憶します。

ボタンの長押し

ボタンを長押しすると、モンスターボールの電源が切れます。モンスターボールの電源が切れると、ボタンが短く赤く光ります。

スタンバイとシャットダウン

電源を入れたままの状態で10分程度放置すると、節電のため、モンスターボールは「スタンバイ」モードに入り、近接センサーが無効になり、数秒間、モンスターボールに触れる(または、金属製シェルの両面に触れる)ことで起動します。約3日後には、自動的にボールの電源が切れます。

長押しすると、再びモンスターボールの電源が入ります。

ディスプレイケースの使い方

ディスプレイケースの機能は、蓋を開け、ケース前面のネームプレートに触れることで起動・制御されます。

ディスプレイケースの開け方

ディスプレイケースを開くと、自動的にイルミネーションが点灯します。イルミネーションは、最後に選択した色のモンスターボールサポートカップを追跡します。初期設定は白です。

蓋を閉めるとイルミネーションが消え、タッチセンサープレートが無効になるので、ディスプレイケースを閉じたまま誤って電源を入れてしまうことがありません。

光の色を変える

ディスプレイケースは、モンスターボールを7つの光の色で照らすことができます。ディスプレイケースの前面にあるネームプレートに短く触れると、光の色が変わります。選べる色は、白(初期設定色)、赤、緑、黄、青、マゼンタ、シアンの7色です。ディスプレイケースの電源を切っても、次に電源を入れたときに、最後に選択した色を記憶します。

キャビネットモード

電源を入れたまま10分程度放置すると、低消費電力の「キャビネットモード」になります。キャビネットモードでは、イルミネーションが非常に暗く光り、10秒に1回、短く点滅します。このモードでの電池の寿命は約6ヶ月です。

プラークに触れると、キャビネットモードが解除され、ディスプレイケースのイルミネーションが元の明るさに戻ります。

モンスターボールをディスプレイする場合

モンスターボールは、ディスプレイケースに入れて飾ったり、磨き上げられた金属製のディスプレイリングに入れて飾ったり、単独で置いておくことができます。

ディスプレイケース

従来のギフトボックスをイメージしたディスプレイケースは、ポケモンボールを保護するための理想的なディスプレイ方法です。ケースを開けると、ディスプレイ用の台座が自動的に立ち上がり、ディスプレイできる状態になります。柔らかいゴム製のカップがモンスターボールを支え、7色のイルミネーションを楽しむことができます。

キャビネットモードは、あなたのポケモンボールを常にベストな状態に保つことができます。

ポリッシュ仕上げの金属製ディスプレイリング

ディスプレイケースの電池室には、磨き上げられた金属製の「ディスプレイリング」が入っています。サイズ1のプラスドライバーを使って、電池室のドアロックネジを緩めると、金属製の「ディスプレイリング」が現れ、平らな場所にポケモンボールを安全にディスプレイすることができます。

また、金属製の「ディスプレイリング」は、ケースの上部にあるアイコンに収まるので、ケースをディスプレイ用の台座として使用することもできます。

注意:モンスターボールは、小さなお子様の手の届かず、安全な場所に置くようにしてください。モンスターボールは金属製で重いため、落下すると破損してケガをする恐れがあります。

フリースタイルで楽しもう

モンスターボールには特別な重りがついており、常に正しい位置になります。リングや台座を使わないフリースタイルでのディスプレイに最適です。ただし、小さなお子様の手の届かない平らな場所で、かつボールが転がらないような場所に置いてください。また、モンスターボールは傾斜していると転がります。また、モンスターボールは金属製で重いため、落下すると破損したり、怪我をする恐れがあります。

モンスターボールの電池交換

モンスターボールには、単4形乾電池3本があらかじめセットされています。タブを外すだけで、モンスターボールの機能をお楽しみいただけます。電池交換は以下の手順で行ってください。

電池を出す場合

電池は、モンスターボールのボタンの裏側に入っています。電池を取り出すには、モンスターボールを両手で持ち、ボタンの黒い輪の部分を親指で押します。カチッと音がしたら、電池を取り出してください。

重要な注意点: 硬いもの、金属製のもの、鋭利なものを使って電池の前のリングを押し下げると、モンスターボールの塗装を傷つける恐れがあります。

電池カバーの取り外しと電池の交換

サイズ0のプラスドライバーを使って、固定ネジを完全に緩め、バッテリーカバーをスライドさせて外します。

使用済みの電池を取り出し、リサイクルします。

単4形乾電池3本と交換してください。その際、電池ボックスに表示されている極性を確認してください。

窒息の危険がありますので、電池は必ず小さなお子様の手の届かないところに保管してください。取扱説明書を必ず読み、従ってください。

電池の取り付け

電池ボックスの白い四角と、電池カバーの側面にあるアイコンの位置を合わせ、ネジを締めて電池カバーを固定してください。

電池をモンスターボールに戻し、アイコンがモンスターボールの黒いセンターリングに合うようにします。

ボタンを軽く押して、カチッと音がするまで押し込みます。この操作でモンスターボールの電源が入らない場合は、使いたいときにボタンを長押しして電源を入れてください。

ディスプレイケースの電池交換

ディスプレイケースには、単3形乾電池が3本付属しています。タブを外すだけで、本製品の機能をお楽しみいただけます。電池は以下の手順で交換してください

電池交換のためにバッテリーのフタを開ける場合

ディスプレイケースの電池を交換するには、サイズ1のプラスドライバーを使って、バッテリーのフタを閉じているネジを緩め、ドアを持ち上げて外します。使用済みの電池を取り出し、リサイクルします。単3形乾電池3本と交換してください。その際、極性が電池ケース内のマークと一致していることを確認してください。

バッテリーのフタを元に戻し、ネジを締めて固定します。

窒息の危険がありますので、電池は必ず小さなお子様の手の届かないところに保管してください。常にバッテリーの安全に関するアドバイスを読み、それに従うように注意してください。

お手入れ方法

モンスターボールはおもちゃではなく、ディスプレイ用のコレクターズアイテムですので、取り扱いにはご注意ください。モンスターボールとディスプレイケースのお手入れは、湿らせた柔らかい布で拭いてください。小さなお子様の手の届かないところに置いてください。本製品は14歳以上の方を対象としています。

モンスターボールは投げないでください。

パッケージと取扱説明書は大切に保管してください。

モンスターボールは投げないでください。金属製重いため、投げるとボールが破損し、怪我をする可能性があります。